女性

低血圧の症状を見過ごさない!体の中から体質チェンジ

女性の生理からの悩み

疲労

女性は生理で貧血の症状に苦しむ人が多くいます。毎月の生理の辛さから緩和するために貧血予防に効果のある栄勝訴を摂取して改善させるのが良いです。しかし栄養素は決して薬ではないため必ず治るものというわけではないことを理解しなければなりません。

» 読んでみよう

血圧と腸内環境とストレス

サプリメント

高血圧を効果的に防ぐためには、血圧、ストレス、腸内環境の全ての面からアプローチする必要があります。そして、それはフコイダン、乳酸菌、アミノ酸などのサプリメントを摂取するだけでカバーできるものなのです。

» 読んでみよう

病気として意識されてない

女性

基準が存在していない

意外に思われるかもしれませんが、低血圧には基準が存在しないのです。高血圧と違い、多くの人には病気としての認識がないのが低血圧という症状になります。主にあげられる症状としては、めまいや貧血、肩こりなどの他にも多数あるのです。症状の程度は、個人差があり主観によるものもあるのでその辛さは、周囲には伝わりにくい面があります。そしてどういうわけか、高血圧の場合と違い低血圧は病気として危険であると認識されていません。確かにすぐには、命にかかわるといった病気ではないです。それでも自分が低血圧の症状がみられるのなら、いくつかのことは覚えておく必要があります。例えばどの科を受診するのが、妥当であるのかといった知識はいざという時のために大切なことです。

栄養バランスを意識

最初の相談ならば、かかりつけの内科でも大丈夫です。より専門的なことを相談したいのなら、高血圧同様に血のめぐりのことなので循環器科になります。内科医で相談したら、専門というとで紹介もしてもらえるのです。低血圧の症状の一つとして、食欲不振もあります。この食欲不振のせいで、栄養バランスが崩れてさらに症状を悪化させることもあるのです。改善する意味でも、食事内容を見直してみるべきでしょう。朝食を抜いてしまうのも、栄養バランスが崩れる原因になるので、三食バランスよく摂取しましょう。特にビタミンB群とミネラルが、不足しがちです。これらを食事でとるのが、難しい場合はサプリメントを利用するという方法もあります。低血圧は放っておくと、別の病気へと進行してしまうこともあるので油断は禁物です。

気になる症状を改善

漢方

更年期障害の治療方法として、現在では東洋医学に基づいた漢方薬による治療がブームとなっています。自分の体質と症状に合う漢方薬を処方してもらうためには、医師や薬剤師に不定愁訴の状況を正確に伝えることがとても大切です。

» 読んでみよう